冬季での運転準備と車のトラブルを避けるには

冬の車のトラブルを避けるには

冬の運転は慎重に!

12月です。
まもなく、クリスマスや年末年始で休暇が増えてきます。

レジャに帰省、いろいろ計画を練っている方もいると思います。休日の高速道路も経費がかなり軽減され、遠出をすることもあるでしょう。あなたはどう過ごしますか? 

 

特に冬季での運転、気になるのが、外出先での車のおもわぬ問題に出くわすことです。小さなトラブルから冬季ならでは雪による事故です。
ノボード、スキーに行く方は、雪のない地域では問題なくても、降雪地帯の山間部では大雪、つもり積もった慣れない雪道を運転をすることに!なんてことも冬のレジャーなら当たり前のことです。

 

タイヤの準備はOKですか?

タイヤチェーンにするか、スタッドレスタイヤを選ぶか…とくに降雪の少ない都会のドライバーの場合は、購入時に迷う人も多いでしょう。タイヤ用チェーンか、タイヤをスタッドレスにへんこうしていくか?
車の装備、エンジン関連、気温が低いことから、冬のドライブにはさまざまなトラブルの可能性が考えられます。

 

道を走行するにもチェーンもスタッドレスも、それぞれ長所短所があるため、自分のクルマや使用目的に合わせ、また行きつけのスタンド、整備屋さん、タイヤショップなどで専門的なアドバイスも聞いて、選ぶのがベストと言えるでしょう。

 

自動車メーカーが指定するタイヤチェーン以外は装着できない車種や、タイヤチェーンの装着が不可能な車種があります。これはタイヤの扁平、大径化などによるものです。
車の取扱説明書の熟読や販売店等に問い合わせて、必ず事前に確認しておきましょう。

 

 

軍手もも付いてこのお値段【送料無料】タイヤチェーン ジャッキ不要 KN-30155/70R13 165/70R12...

 

 

 

バッテリーは劣化していませんか?

バッテリーはガソリンスタンドなどでも経年変化で劣化したバッテリーの性能をチェックしてくれます。
た、バッテリーの能力は、経年変化(3〜4年程度といわれる)のほか、外気温でバッテリー液の温度によって変化します。したがって、寒い冬には液温が下がり、能力も低下します。

 

メンテナンス不足や寿命などで、バッテリーの能力が衰えていると、比較的気温の高い都市部ではOKで朝などエンジンを始動できても、寒冷地で気温の低いところでは朝、エンジンをかけようとしても始動できない場合もあります。

 

本来はバッテリー点検の基本は液量と比重です。せめて液量は点検、外部から見て適正範囲位置にあるか(バッテリー液レベルラインの位置)を確認し、不足していたらホームセンターなどで補充液購入し、足しておきます。比重は専用のツールが必要ですが持っていれば、上面のキャップを外し、すべての穴を比重計で測定します。
らに、電圧計や比重計がない場合は、ガソリンスタンドや整備屋さんなどでチェックしてもらいます。比重が正常でなかったり、ライトが暗いなど、電圧が低いと思われる場合は充電もしくは交換します。

 

 

【送料無料!】【75B24L】 パナソニックカーバッテリー カオス〜CAOS C3〜
ショップ→ファミリーユサ/イエローハウス

 

バッテリーのレビューを書いて送料無料!アウトドアSALE!税込み4,980円!『12V専用多機能パワ...
ショップ→マックスシェアー

 

 

ラジェターも冷却液は少なくなっていませんか?

エンジンを冷却する、ラジエター内の冷却液(LLC:ロングライフクーラント)のレベル点検(液量)も忘れずに、少なければLLCの補充(ホームセンター車用品コーナーにあります)します。
外気温度に応じて濃度が決められています。この液濃度が低いと凍結してしまい、膨張してラジエターを破損する恐れもあります。

 

のフロントガラスをふき取るウォッシャー液は入っていますか?
冬季は路面湿りがちで、泥なども飛散し、フロントガラスが汚れます。ウォッシャー液を十分に補充しておきましょう。洗浄液の凍結も考え、気温が低くなると本来の働きができなくなるので、適正なウォッシャー液を入れ、きちんと点検しておきましょう。

 

車がトラブルにあったら時

突然トラブルは、途方にくれます。そこでこんなときに頼りになるのがJAFのロードサービスです。
事前に連絡先を確認して、万一に備えましょう。

JAFは救援依頼の連絡があれば24時間いつでも駆けつけてくれるから、安心!万が一のトラブル時はJAFしかありません。各都道府県に配備されているロードサービスの基地は、全国ネットで対応してくれるのも心強い助っ人さんです。
JAF会員はお得!このロードサービスは誰でも受けられますが、JAF会員になった方が断然お得です。

JAFサービスのお得とは?
一例を挙げます、

速道路で5km先のサービスエリアまでけん引してもらった場合。
JAF会員でない場合:基本料やけん引料、後方警戒料などで計2万6,300円以上の費用が発生します。

JAF会員の場合:
これがならなんと無料! さらに、一般道でのバッテリー上がりや、結構多いキー閉じ込みなどの場合も回数の制限はなく、ほとんどお金はかかりません。

会員費
万が一の場合お得なので回避が心配、しかし、

会時の費用は入会金2,000円+年会費4,000円の計6,000円
備えあれば憂いなし、の言葉通り事前に入会しておけば安心なだけでなく、思わぬ車のトラブル時に大きな出費が避けられるのが最大のお得ポイント!

JAFのホームページ